「あなたはウインドサーフィンをしたことがありますか?」

1980~1990年、一世を風靡したマリンスポーツ「ウインドサーフィン」。当時多くのウインドサーファーが愛用していたのが 「サーファー艇」と呼ばれる道具でした。初心者~上級者でも誰もが乗りやすいシンプルなデザインのボード、風に揺らめき海に 映える色鮮やかなセイル。ウインドサーファーの憧れでした。

時が流れ、たくさんのメーカーから新しい道具が生まれ、進化し、楽しみ方によって使う道具も細分化されました。 そして、今、ウインドサーフィンの原点、ウインドサーファー艇が復活しました! では、何故いまさらウインドサーファー艇なのか?

実は、そんな時代の流れの中でも、「やはりあの頃の道具はよかったね」「今はもう販売してもらえませんか?」そんなお問い合わせを 多くいただいていました。

まず1つは、どんな技量の方でも幅広い方が「ウインドサーフィン」を楽しめる道具だということ。風をつかみ、風と一緒に海の上を進む感覚を初心者の人に是非とも習得してもらいたいのです。

次に、昔、ウインドサーフィン=サーファー艇、してきた人たちに再びウインドしてもらいたい。多分その人たちは、今50~60歳代 だと思われます。時間にもお金にも余裕ができ、何かやりたいことを探している、そんなことはありませんか?

セイルを外せば今流行りのSUPも問題なくできるので、これさえあれば懐かしいスポーツも新しいスポーツも始められるのです。 そして、現在ウインドサーフィンをしている方にももちろんおすすめします。今乗っている道具との違いを感じながら、一人のんびり 楽しんだり、家族や友達と一緒に乗ったり、またいつもとは違った楽しみ方ができるはずです。

海外に目を向けると、「やはりサーファー艇が一番良い、また乗りたい」と言う声が、サーファー艇の誕生から50年近くたった今、再び 起こっています。特にヨーロッパ/イタリアとオーストラリアで、熱狂的なサーファー艇ファンが生まれてます。近いうちイタリアで 世界選手権を!と言う話もできています。

日本国内では、昨年に引き続き神奈川県・三浦海岸でウインドサーフィンのワールドカップが開催予定で、2020年のオリンピックに向け 会場となる江ノ島では国際大会が開催されたりするなど盛り上がりを見せ、ウインドサーフィンブームの再燃も遠くないかもしれません。


さぁ、ウインドサーファー艇で海に出ましょう!